ロングボードテイクオフのコツとは?初心者向けに紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
出典:Kukota / PIXTA

ショートボードに比べると、浮力が大きくしっかり安定しているロングボードは、初心者でも比較的テイクオフしやすいでしょう。ここでは、サーフィン初心者の方向けに、ロングボードでテイクオフするための練習法や、よい姿勢、テイクオフしやすい波などについて紹介します。

まずは陸上でテイクオフの練習をしよう

せっかくロングボードを持ってビーチに行ったのであれば、まずはボードを抱えて海に入ってみたいですね。しかし、いきなり海でテイクオフの練習するのは、難易度が少し高めです。事前に陸でのトレーニングや動作の練習をすることをおすすめします。

イメージトレーニングで予習しよう

まずはYouTubeなどの動画サイトで、ロングボードテイクオフの動画を見ておくのがおすすめです。海外でも日本でも、さまざまな動画を見ることができます。繰り返し見て、成功のイメージを自分の中で作り上げておきましょう。

ストレッチやスクワットで体を作っておく

サーフィンでは、素早くなめらかな動作が大切です。そのため、体が硬いと動きが悪くなり、なかなか上達しません。肩まわりや足首などの柔らかさがポイントとなるので、そこを重点的にストレッチしてみてください。さらに、スクワットなどで下半身を鍛えておくと、ボード上でのポップアップやステップをするときの踏ん張りがきくようになるので、こちらもおすすめです。

自宅でパドリングからテイクオフまでの練習

クッションを胸の下に入れて、少し胸を反らしたような姿勢で、波がきていることを想定して軽くパドリングします。床に手をついて上半身を起こし、一気に立ち上がります。動画でテイクオフの動作を見ながら、鏡の前でやってみるのもおすすめです。

ビーチでの直前練習もおすすめ

海に入る直前、砂にロングボードの大きさに線を引き、そこでテイクオフの練習をするのもおすすめです。当日に不安定な海の上でいきなりやるのでは、心の準備ができないものです。安定した陸の上で数回やってみてから入ると、上達も早くなります。

テイクオフ時の姿勢と目線

出典:Kukota / PIXTA

よい姿勢や目線をしっかり理解しておくことで、テイクオフ成功への道が見えてきます。ここでは、テイクオフ時の姿勢や目線について解説するので参考にしてください。

・胸の下に手をつく

テイクオフがうまくできない初心者の方で、首や肩くらいの位置で手をついていることがあります。これでは、なかなか成功しません。手の位置は、胸の下あたり。イメージとしては、お腹の横あたりを意識するとよいかもしれません。そうすると、きれいに上半身を起こせるようになります。

・ロングボードをつかまない

ロングボードのレール(横)をつかむと、安定するような気がするため、初心者の方の中には、レールをつかんでテイクオフしようとする方もいます。しかし、ロングボードはつかまずに、手を置くだけにするのが正解。テイクオフしようとしても手がなかなか離れず、立ち上がれません。

・手をついたら胸を反らす

ロングボードに手をついたら、まず腕を伸ばして胸をそらすようにします。胸より先にお尻が上がると、頭が下がって周囲が見えなくなり、怖くなってしまいます。手をついて胸を反らし、周りが見えるように立ち上がりましょう。

・足は後ろに伸ばすことから

手をついて胸を反らしたら、次は足です。足は、後ろに伸ばす動作からはじめます。自分の軸足(スタンス)がどちらかによって異なりますが、軸足が右なら右足を、軸足が左なら左足を後ろに伸ばします。軸足を後ろに伸ばしてから立ち上がりましょう。

・立ち上がったらひざを入れる

サーフィンは横乗りといわれますが、実際には進行方向を向いています。立ち上がったら体全体で進行方向を向き、後ろ足(軸足)のひざを体の内側に入れるようにしてください。体全体で横を向き、がに股になってしまうと、立ち上がってから動きにくくなってしまいます。

・姿勢は低く

立ち上がった姿勢は、できるだけ低く保つことがポイントです。しゃがんでいるくらいを意識し、姿勢を低く保つことで、ロングボードの上で安定して立つことができます。

・目線は遠く進行方向へ

テイクオフのとき、手元や目の前の波ばかり見ていると、なかなか成功できません。目線を遠くに進行方向へ上げて、周囲をしっかり見るようにしましょう。

波に追いつく方法

出典:AlexZhilkin / PIXTA

初心者がテイクオフするには、波を捕まえなければいけません。しかし、頑張ってパドリングしても、波に追いつかないことがあります。ここでは、波に追いつく方法について解説します。

・体の位置を確認する

ロングボードの上で体の位置が間違っていると、水の抵抗を受けてしまい、なかなか進まなくなります。ノーズ(ボードの先端エリア)の裏側が、海面にくっついている状態になる位置に体を乗せましょう。後ろに乗りすぎると、ノーズが海から浮き上がってしまいます。また前に乗りすぎていると、ノーズの先端が海に沈みがちになり、しぶきがあがってしまいます。ちょうどよい位置に体を置くようにしましょう。

・パドリングスピードの調整

テイクオフする際は、自分のパドリングスピードと波のスピードを合わせなければなりません。パドリングスピードは、手でこぐ速さだけでなく、体重移動でも調整できます。胸をそらして重心を後ろへ移動させると減速し、ボードに胸をつけて重心を前へ持っていくと加速します。

・波がブレイクしているポイントを見つける

サーフィン用語でブレイクとは、波が崩れることを意味します。初心者がテイクオフを成功させるには、波がブレイクしているポイントを見つけることが大切です。波がブレイクしていない場所だと、いくらがんばってパドリングしても、波には乗れません。

初心者でもテイクオフしやすい波

初心者がテイクオフを成功させるためには、練習しやすい波を選ぶことも大切です。ここでは、初心者でもテイクオフしやすい波について解説します。

無理せず安心して楽しむことが大事

初心者がテイクオフにチャレンジする場合、怖いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。まずは無理せず安心して楽しめることが大事です。そのためには、「スープ」を使うとよいでしょう。

スープなら初心者でもテイクオフしやすい

スープとは、沖のほうから浅いところにやってきた波が、崩れたあとの白い波のこと。初心者のテイクオフ練習に最も向いているのが、スープといえます。テイクオフの練習をするのなら、スープを使うのが最もよいでしょう。

スープなら浅瀬で練習できる

上述したように、スープとは浅瀬で崩れたあとの白い波のことです。失敗しても足が届き、安心です。ロングボードの上に寝そべるだけでも大変な初心者にとって、おぼれる心配のない浅瀬での練習なら心配ありません。

スープなら小さな波でも練習できる

スープは、沖からやってきて、勢いの弱まった比較的小さな波です。大きな波では怖いと感じる初心者でも、自分が怖くないと思える小さな波であれば、安心して練習できるでしょう。スープなら小さな波を選んで、自分の好きな場所で練習できます。

スープなら波が押してくれる

ロングボードのメリットのひとつに、浮力が大きいことがあります。スープであれば、波がロングボードを押してくれ、簡単に波に乗せてくれます。スープでの練習なら、ロングボードにしがみついたままでも波に乗ることができます。慣れてからテイクオフの練習をすることもできるでしょう。

ポイントを押さえて練習を積もう!

初心者がロングボードでテイクオフするためには、実際に海に入る前に、陸で練習することが大切です。動画を見てイメージトレーニングしたり、ビーチで直前に動作確認をしてからボードを持って海に入るようにすると、上達も早いでしょう。正しい姿勢や目線を保ち、安心して波に乗ることのできるスープでの練習がおすすめです。

サーフィンのロングボードの基本を紹介

ロングボードとショートボードの違いとは?サーフィン初心者向けに紹介

ロングボードの選び方を紹介!サーフィン初心者必見

初心者サーファー向け!おすすめロングボード

サーフボードのおすすめケースを紹介!持ち運びシーンに合わせて購入しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。