スキーブーツをレクザムで選ぶならこれ。男女別商品からジュニアまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Snowboarders and skier

レクザムは純日本製スキーブーツとして知られる高級スキーブーツブランドの1つです。高品質で高性能なレクザムはスキーヤーなら憧れのブランドですが、しっかり満足できるようにスキーブーツの選び方と、レクザムのなかでもおすすめのモデルをまとめて紹介します。

レクザムやスキーブーツに関する豆知識

まずはレクサムについてと、スキーブーツの選び方をチェックしてみましょう。

レクザムの歴史

レクザムはスキーブーツで知られる日本初のブランドです。しかしその歴史は1953年に遡り、当初は機械金属事業やエレクトロニクス事業を営む会社として始まりました。

スキーブーツの販売を始めたのは1993年で、およそ25年前のことになります。企画・設計・開発から製造・販売までを自社で行う高品質・高性能の純日本製スキーブーツは、まさに日本のものづくりの強みともいえます。

レグザムはたくさん作って、たくさん売るというスタイルではなく、高付加価値なものづくりを目指しています。特に上級者向けの高性能スキーブーツを開発することで、ブランドイメージを保つことを大切にしているブランドです。また、「より速く・より正確に・より美しく」滑るだけでなく、身体への負担を低減し、無理なく続けられるようにというコンセプトのもと、スキーヤーを思いやったブーツが作られています。

スキーブーツの種類

スキーブーツには主に3つの種類があります。

レーシングブーツ

レース競技用に作られたブーツで、ハイスピードでも遠心力に耐えられるように非常に頑丈で、硬いシェルが採用されています。またスピードによる風摩擦に負けないように細身のものが多いですが、近年はワイドで履きやすいものもあります。

フリースタイルブーツ

ハーフパイプやモーグルなどの競技選手が履いているブーツで、ジャンプの衝撃から足を守るためにクッション性に優れていたりと、激しい動きに耐えられるように作られています。

デモブーツ

レーシングブーツを改良して、操作性、快適性を追求したタイプです。どんな人でも、どんなコースでも滑りやすいことが特徴で、レジャーとしてスキーを楽しむ人におすすめなのが、デモブーツでしょう。快適性にも優れているので、スキーを楽しめます。

スキーブーツのサイズなどの選び方

日常の靴と同じように、サイズ選びは大切です。日常で履いている靴よりも、寒さや衝撃に耐えられるように硬い作りになっているため、サイズ感が小さいととても足が痛くなってしまいます。逆に大きすぎると、ブーツの中で足が動き滑りづらいのですが、気持ち大きめのサイズをおすすめします。

ブーツのソールの形などによっても痛みを感じることがあるので、大きさだけでなく自分の形に合っているかがとても大切です。できるだけ実際に試着して購入するようにしましょう。

またシェルの硬さも重要です。硬いブーツほど扱いが難しくなるので、シェルの硬さの値が初心者は100未満、中級者で100〜110、上級者が110〜を参考に選ぶと良いです。ちなみにこの数値は「フレックス」といい、フレックスの数値が大きいほどシェルの硬度が高く、小さいほどシェルの硬度が低いことを意味しています。

シェルの硬度が高いと、体のパワーがスキー板に伝わりやすいため一体感が出るため、ハイスピードでの滑走に向いています。しかし足首が固定されるため、バランスを保つことが難しく、上級者向けとされています。

レクザムのおすすめスキーブーツ メンズ

実際にレクザムのおすすめのスキーブーツを紹介します。まずはメンズです。

POWER REX100

こちらはフレックス100という中級〜上級者のためのスキーブーツです。整備されたゲレンデだけでは物足りず、パウダーや深雪にも挑戦したいという人にオススメのモデルです。デザインもクールで格好いい印象に仕上がっています。

【Xadventureのおすすめポイント】
・中級〜上級者向けモデル
・パウダーや深雪でもプレイできる

POWER MAX100

続いてもフレックス95を用いた中級者以上向けのモデルです。『BX-S inner』というインナー素材が足と一体化するように馴染み、的確に足をサポートしてくれる設計が特徴です。どんな動きでも動きやすいので、滑り降りる爽快さを存分に楽しむことができます。

【Xadventureのおすすめポイント】
・足をしっかりサポートしてくれる
・活発に動きやすい

LIBERO98

『歩行や休憩時なども含めたトータルなスキーでの快適性能の追求する新時代のコンフォートブーツ』をコンセプトに作られたスキーブーツで、足が疲れないようにワイドラストに作られています。フレックス98のモデルで、快適性だけでなく性能も追求したバランスの良いスキーブーツです。

【Xadventureのおすすめポイント】
・足が疲れない仕様
・高い機能性を誇る

POWER REX M97

POWER REX M97は、基礎やフリーライド系などあらゆるスキーヤーに対応できるオールマイティなスキーブーツです。特徴は足首まわりの馴染みやすいところで、動きを制限せず、こぶ斜面でも扱いやすく作られています。高性能ですが、型落ちモデルのためかなりお得な価格になっています。

【Xadventureのおすすめポイント】
・オールマイティなスキーブーツ
・足の動きを制限せず、動きやすい

レクザムのおすすめスキーブーツ レディース

続いてはレディースのスキーブーツのおすすめを紹介します。

POWER MAX LADY85

こちらはレクザムの中では柔らかめのフレックス85のモデルです。デザインは白地に水色のかわいらしいデザイン。おしゃれとブランドをアピールできます。

【Xadventureのおすすめポイント】
・かわいらしいデザイン

レクザムのおすすめスキーブーツ ジュニア

子ども向けにもレクザムの技術を贅沢に盛り込んだスキーブーツが出ています。

LIVE70

これから上達を目指すエントリーモデルともいえるLIVE70は、フレックス70と扱いやすさを重視したモデルです。ブーツの高さもジュニアの骨格に合わせて低めに抑えられており、小学校〜中学校までは無理なく使えるように作られています。

【Xadventureのおすすめポイント】
・ジュニアの中でも高いスペックを誇るモデル
・小学校〜中学校まで幅広く使える

LIVE60

先ほど紹介したLIVE70よりもエントリーモデルとして、さらにフレックス60と柔らかめに作られた小学校低学年程度のジュニアのためのモデルです。今シーズンのスキーデビューにおすすめです。

【Xadventureのおすすめポイント】
・柔らかめで履き心地のいいモデル
・スキーデビューに最適

まとめ

スキーブーツを選ぶ際に大切なポイントと、日本製の高性能なレクザムのスキーブーツをいくつか紹介しました。これを参考に今シーズンに向けて、ぴったりなスキーブーツを探してみてください。

スキー用ブーツのまとめ記事はこちらをチェック!
選び方も重要!マッチするスキーブーツを様々な視点から紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加