スキーの靴下の選び方とは?上級者、初心者におすすめの靴下を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、スキー専用の靴下があることをご存知でしょうか。スキーヤーの中で、靴下はスキー靴のパフォーマンスを変える重要なもの。初心者でも靴下の機能を軽視していると、すぐに身体を冷やしてしまう原因になりかねません。
スキー専用の靴下とはどういったものなのか、本当に必要なのか、おすすめ商品の紹介も含めて解説していきます。

重ね履きより1枚が良い!スキー用靴下の選び方

出典:Amazon


初めてのスキーだと、靴下までわざわざ新しく購入する人は少ないでしょう。普段もっている厚手の靴下を重ね履きして使用している人も多いはず。
しかし、ただ重ね履きすれば暖かいというわけではありません。また、上級者にとって靴下の重ね履きはパフォーマンスの低下にも繋がります。

スキー用靴下選びの基本は生地の厚さで

普段であれば冬にはモコモコした靴下、春には薄手の靴下を使用しますよね。しかし、スキー用の靴下はレベルによっておすすめの厚さが変わってきます。
初心者には、保温性が高くてクッション性もある厚手の靴下の方が足の痛みを軽減してくれるのでおすすめです。一方で上級者の場合は、薄手の方が足裏の感覚が鈍らずに済むでしょう。

冷えは足元から。靴下の保温性と速乾性も大切

スキー用の靴下を選ぶ時に、最も大切であるといっても過言ではない、保温性と速乾性。足から冷えるスキーですから、保温性が高くなければいけないのはわかるでしょう。しかし、速乾性がなぜ必要なのでしょうか。
それは、スキーでも汗をかくからです。汗は身体の表面の温度を冷やしてしまうので汗をかいても乾きが早くなければならないのです。

スキー靴より長いものを。靴下の長さで選ぶ

靴下の長さを気にする人はあまりいませんが、実はこれも大事なポイント。スキー靴は膝下まで足を覆っているので、靴に触れている範囲を靴下でカバーできなければ摩耗して痛くなることがあります。
そのため、スキー用の靴下は長いものを選びましょう。

普通の靴下とスキー用の靴下はどこが違う?

出典:Pixabay


スキー用の靴下と普通の靴下の違い、それはサポート効果やコンプレッション効果があることです。ほかにも、保温性や吸湿速乾性に優れていますが、そのようなタイプの靴下はスキー専用靴下だけとは限りません。
では、どのような効果なのか見ていきましょう。

スキー用靴下にあるサポート、コンプレッション効果

サポート効果とは、そのままの意味でサポーターのような役割をする機能のことです。他にも、足首のホールドや土踏まずのサポートなどがあります。
コンプレッション効果とは、ふくらはぎを着圧して足の疲労を減らす効果のことです。激しい動きをする上級者や、長時間スキーをする場合には嬉しい機能です。

初心者にもスキー専用靴下は必要なのか?

出典:Pixabay


上級者は足裏の感覚が何よりも大切。しかし、初心者にとってはそれほど重要ではないため、スキー専用靴下がなくても大丈夫です。
しかし、スキーに最適な靴下が少ないのも事実。上級者におすすめのスキー専用靴下や数は少ないもののおすすめの靴下を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

上級者におすすめのスキー専用靴下を紹介

特に上級者におすすめのスキー専用靴下。薄くて保温性と速乾性に優れているものがあれば、スキーのパフォーマンスも向上しますよね。
MICO(ミコ)


スキー専用靴下の中で、最も薄いといっても過言ではないぐらいとにかく薄手の靴下。暖かく、伸縮性があるから足にフィットしやすいです。さらに、安くて長持ちするという最高の靴下です。
X-SOCKS(エックスソックス)

怪我のことまで考えて作られているスキー専用靴下。MICOの生地よりは厚手ですが、土踏まずは薄めになっているため、足は思っている以上に動かしやすくなっています。

スキーで使えるスノー用もある!モンベルの靴下

アウトドアブランドのモンベルでは、スノー用の靴下を販売しています。
モンベルのスノーソックス


メリウールを採用しているのでとても暖かいことが特徴。つま先やかかと、足裏が生地が厚手になっているので前傾姿勢になりやすいスキーにもおすすめです。

コスパよし!ユニクロの靴下で寒さ対策

ユニクロの靴下は、安く揃えたい初心者におすすめ。ヒートテック靴下は普段でも使用できるので、購入しておいても損はないはずです。
また、初心者であれば足裏の感覚は底まで重要ではないため、重ね履きで保温性を重視しても良いでしょう。
ユニクロ公式サイト

まとめ

出典:Amazon


保温性と速乾性。スキー用の靴下に求められる機能はこの2つがメインです。足が冷えは、全身の冷えに繋がるもの。スキー用の靴下選びを軽視しすぎるのはあまりおすすめできません。
初心者でどうしてもコストをおさえたい場合には、ユニクロ靴下の重ね履きでも良いでしょう。
今回の記事を参考に、自分に合った暖かい靴下を選んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加