バタレオンはどんな商品を扱っている?特徴や歴史を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スノーボードと言えば、お洒落なスポーツの代表格。ウェアからブーツ、ボードに至るまで自分の色を出して他人との違いを演出できるのもうれしいポイント。お洒落なブランドがたくさんある中で、独自の技術力を磨き続け、機能性・ファッション性共に定評のあるブランド「バタレオン」について紹介します。

バタレオンってそもそもどんなブランド?

出典:Pixabay

たくさんの特徴的なブランドが存在するスノーボードブランドの中で、「バタレオン」とはどんなブランドなのでしょうか?スノーボード上級者はもちろんのこと、初心者にも是非愛用して欲しいアイテムが数々販売しています。スノーボード用品の購入を考えている人は要チェックです。

特許取得の3Dシェイプやサイドキック

バタレオンの最大の魅力といえばやっぱり、特許を取得しているユニークな3Dシェイプです。

特徴は3つあり、大きなアップリフトにバインディングの外側から接雪点までのアップリフト、フラットなバインディング感を体験することができ圧倒的な人気を誇っています。サイドキックがパウダーや凹凸のあるコースを滑りやすいのもポイントです。

最高のスノーボードを作り上げることが目標

バタレオンが人気である理由の一つとして、現状に満足する事のない向上心が挙げられます。性能の良い新製品を出し続けている秘訣は、バタレオンが「最高のスノーボードを作り上げる」という終わりのない目標を掲げているからです。今後も、更なる高性能なボードの登場に期待できます。

レディースも充実

バタレオンは、高いファッション性から女性のスノーボーダーに大人気です。バタレオンは女性ユーザー向けのラインナップが充実しています。女性ユーザーにとって、豊富なラインナップから自分に合ったお洒落を追求できるのはバタレオンならではです。

バタレオンの特徴を解説

出典:Pixabay

お洒落さに注目がいきがちですが、ボードの性能は業界屈指です。特徴を理解していればボードを選ぶ時、最適な選択ができます。

フリースタイラーのためのスノーボード

スノーボードと言えば、様々なスタイルがあります。スノーボードは安くない買い物ですので、出来れば1枚のボードで全てのスタイルを楽しめることが理想的です。

スノーボードはスタイルに合わせた設計のものが多く1枚のボードでそれを叶えるのは難しいのが現状ですが、バタレオンはフリースタイラーのためのボード”Thriller Ltd. ”を開発しました。

こちらの商品は、バタレオン独自の3BT(TM)の技術とSidekick(TM)という技術を合わせたボードです。Sidekick(TM)の特殊な形状が、抜群のコントロール性を実現し、フリースタイルで活躍することを可能にします。この1枚があれば、スノーボードの幅が広がるおすすめのボードです。

バタレオンはどんな商品を扱っている?

出典:pixabay

バタレオンについて触れてきましたが、実際にどんな商品が他にあるか気になった方も多いのではないでしょうか。ここではバタレオンが提供する商品の中でも、特におすすめしたいボードを紹介します。

BATALEON WALLIE

パークライディングを想定して作られたボードで、初心者の方でも扱いやすい1枚です。このボードは、スケートボードからインスパイアされた“Wallie Tips”を搭載しており、今まで実現できなかった領域のライディングを可能にします。

BATALEON DISASTER

ジブライダー達から長年愛され続けている”Disaster”は、コントロール性が重要になってくるグラトリでその効果を最大限に発揮出来るスペックをもっています。ローキャンバーとSide kickという新3BT形状の合わせ技が高いコントロール性を実現させました。

EVIL TWIN

バタレオンの商品の中でも、根強いファンも多い”EVIL TWIN”は、スノーボードを幅広く楽しみたいフリースタイラーにおすすめのボードです。スノーボードでは一般的なミディアムキャンバー形状を採用しており、加えてバタレオン独自の技術である3Dソールによって、どんな場面でも活躍することができるオールラウンドな1枚です。

BATALEON Goliath

力強いポップが特徴の一本です。ボードには大きくブランドロゴがデザイン。爽やかな印象のカラーリングで、男女ともに使用できます。Freestyle 3BTを採用し、オールラウンダーなボードに仕上げました。

まとめ

今回はスノーボードブランド「バタレオン」について紹介しました。バタレオンはおしゃれかつ機能性抜群、コスパも良いと三拍子揃ったブランドです。バタレオンを使ってスノーボードライフを満喫してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加