神奈川県横浜市のスケートパークを一挙紹介!!6つある各パークのセクションもご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

道具さえあれば、さまざまな場所で楽しめるスケートボード。なかでもおすすめなのは、スケートパークです。スケートパークによってセクションの数や種類も異なり、さまざまな楽しみ方ができます。神奈川県横浜市でおすすめのスケートパークをご紹介します。

神奈川県横浜市にあるスケーター一押しのスケートパーク6つをご紹介

出典:Seattle Parks and Recreation / flickr

神奈川県横浜市にはスケボーを楽しめる場所が多く、スケボー愛好者にとって豊富な選択肢が魅力です。また、各スケートパークにはこだわりの詰まったセクションが設置されており、中には上級者をもうならせる所もあります。ここではスケボー愛好家一押しの、神奈川県横浜市にあるスケートパークについて、詳しくご紹介します。

新横浜公園スケボー広場

出典:bluesbby / flickr

横浜市港北区の新横浜公園スケボー広場は、さまざまなスポーツ大会の会場として知られる日産スタジアム内にあります。横浜市のスケートパークで最大級といわれており、広々とした敷地内でのびのびとスケボーを楽しむことが可能です。セクションを使ったダイナミックな動きはもちろん、人と人との距離をとりやすいというのもメリットでしょう。週末ともなれば、家族連れなどで賑わいをみせるスポットです。

広場内は主にコンクリートエリア、ウッドデッキエリア、フラットエリアに分かれています。また、セクションは、アールやバンクのほか、ボックス、カーブ、ダウンレール、ランプ、ボウル、バンクtoバンク、バンクtoアールなど非常に豊富な種類がそろっており、多彩なアクションを楽しめるのが魅力です。豊富なセクションで上級者も満足でき、飽きずに楽しめる内容になっています。

十分なフラットスペースがあり、初心者や家族連れのちょっとした練習や休憩のスペースとして活用するのにもよいでしょう。滑り心地のよいコンクリートなので、まだスケボーの経験が浅いという方にも安心です。2020年6月にリニューアルし、より広く滑りやすくなった広場をぜひチェックしてみましょう。

【 基本情報 】新横浜公園スケボー広場
住所:神奈川県横浜市港北区小机町3300
電話:045-477-5000
料金:無料
営業期間:年中無休(年末年始を除く)
営業時間:9:00~21:00
アクセス:小机駅 徒歩7分 / 新横浜駅 徒歩15分
チェックイン / チェックアウト:なし
公式サイトURL:https://shinyoko-skate.com

玄海田公園 ニュースポーツ広場

出典:Bill Morrow / flickr

バーベキューを楽しめる場所としても知られる横浜市緑区の玄海田公園には、テニスやインラインスケートが楽しめるニュースポーツ広場があります。アスファルトで整備された路面には数々のメタルセクションがあり、ボックスやアール、バンクやフラットレールで遊ぶことが可能です。セクションの数は少なめで形もシンプル。上級者や他の豊富なセクションを経験したことがあると、やや物足りないかもしれませんが、スケボーを始めたばかりという初心者や家族連れが滑るにはちょうどよいでしょう。

広々としたフラットスペースが設けられているので、セクションが空くまでの待ち時間や休憩にも利用する際にとても便利です。人との距離もとりやすく、子どもの安全も確保しながら快適に滑ることができます。公園内にはレストハウスやシャワーも完備されているため、暑い夏や日差しが強い日でもこまめに休息を挟みながら行えるのが魅力です。また、アピタ長津田という商業施設の前にあるため、ショッピングや観光と合わせて楽しむこともできるでしょう。

【 基本情報 】玄海田公園 ニュースポーツ広場
住所:神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台3丁目1
電話:045-986-0986
料金:無料
営業期間:年中無休(年末年始を除く)
営業時間: 9:00~17:00 / 5/16~8/15まで(夏季) 9:00~19:00
アクセス:JR横浜線 / 東急田園都市線「長津田」駅40系統(市営・神奈中)「若草台中央」行き「玄海田」または「公園前」下車
チェックイン / チェックアウト:なし
公式サイトURL:http://midocomi.com/genkaidapark.html

谷本公園

出典:Seattle Parks and Recreation / flickr

横浜市青葉区、東名青葉インター下にある谷本公園はサッカーやフットサルができる公園で、週末ともなればスポーツを楽しむ人たちでにぎわうスポットです。公園内にはスケートエリアが設けられており、スケボー愛好者で活気づいています。園内は整備が行き届いており、綺麗で清潔感のある環境でスケボーを楽しめるのが特徴です。

セクションは、バンク、ボックス、レールがそれぞれ2つずつあり、種類は比較的少なくシンプルであるため、上級者の中には物足りなさを感じる方もいるかもしれません。どちらかというと初心者から中級者向けのスケートエリアといえるでしょう。

また、スケートエリアの広さも比較的狭いため、超初心者はより安全に留意しながら行う必要があります。ある程度練習をして滑りが安定したところで、訪れてみるのもよいでしょう。待ち時間を減らしたい、混んでいないときにしっかりと練習したいときは、週末を避けて平日の夕方頃を狙って行ってみるのもおすすめです。初夏の時期は19時まで営業しており、早めに行けば日が長いのでたっぷり練習することもできます。最新の営業時間については事前に確認しておくと安心でしょう。

【基本情報】谷本公園

住所:神奈川県横浜市青葉区 下谷本町31-10

電話:045-511-7366

料金:無料

営業期間:年中無休(年末年始を除く)

営業時間:9:00~18:00(夏季は19:00まで 冬季は17:00まで)土日祝日は9:00~21:00

アクセス:東急田園都市線の市が尾駅から徒歩15分 横浜青葉インターチェンジを降りてすぐ

チェックイン / チェックアウト:なし

公式サイトURL:http://midocomi.com/yamotopark.html

Jランプスタジオ4

出典:Seattle Parks and Recreation / flickr

Jランプスタジオは横浜市都筑区にあります。屋内なので天候に左右されず、雨でも雪でもスケボーをやりたいときに楽しめるのが魅力です。大きさのそれぞれ異なるミニランプが4つ設置されています。ミニランプは木製で、万が一転倒したとしてもコンクリートやアスファルトよりも衝撃吸収性が高いため、女性や子どもでも安心です。

小石や段差のないミニランプは、初心者でも滑りやすいくなっています。大きなランプでの滑走に自信がない方は、はじめは小さめのランプで練習し滑る感覚を身につけ、上達したところで大きめのミニランプにチャレンジしてみるのもよいでしょう。セクションの数は少なめですが、レベルやその日の気分で滑る場所を選ぶ楽しみがあります。仕事帰りに立ち寄るのはもちろん、一人で集中してテクニックを身につけたい方におすすめです。

【基本情報】Jランプスタジオ

住所:神奈川県横浜市都筑区池辺町3451-102

電話:045-532-4390

料金:会員登録料 ¥500 / 会員1時間:¥500(大人)  / ¥300(中学生まで)

営業期間:なし ※年末年始等休業あり

営業時間:16:00~22:30

アクセス:鴨居駅 1.4km

チェックイン / チェックアウト:なし

公式サイトURL:http://jramp.com

BLAZE PIPE ミニランプ

出典:Andrew Johnston / flickr

BLAZE PIPEは横浜市南区の喫煙具や雑貨、ファッションアイテムをそろえるセレクトショップで、地下に行くとミニランプを備えた屋内スケート場が設けられています。セクションは幅のあるミニランプのほか、プールコーピングや低めの段差のあるセクションなどもあり、数は少ないものの、初心者はもちろん上級者まで幅広い人が楽しめるエリアです。

限られたスペースだからこそ、他のスケーターとの距離も近くなり、仲間と刺激し合いながら滑ることができるのが魅力となっています。屋外とはまた違った雰囲気の中、スケボーを楽しむことのできるエリアです。

【 基本情報 】BLAZEPIPE ミニランプ

住所:神奈川県横浜市南区前里町2丁目42

電話:045-261-5575

料金:15分 100円

営業期間:年中無休(年末年始を除く)

営業時間:12:00~24:00

アクセス:京浜急行黄金町駅から徒歩5分、JR桜木町駅から車で約10分の平戸桜木道路沿い

チェックイン / チェックアウト:なし

公式サイトURL:http://www.blazepipe.com/sk8.html

SEYAスケートパーク

出典:Elliott Brown / flickr

SEYAスケートパークは横浜市瀬谷区の市街地内にたたずむスケートパーク。周辺にはコンビニエンスストアやドラッグストアなどがあるほか、二ツ橋公園が隣接し自然豊かな場所で、買い物やお出かけのついでに立ち寄ることができます。2019年にできた場所で、まだできて間もないセクションでの滑りを楽しめるのが魅力です。

セクションはボックスをはじめ、カーブやアール、バンク、フラットレール、ランプ、ダウンレールなど種類が豊富。多彩なテクニックができ、上級者まで幅広く楽しめるでしょう。また十分なフラットスペースも用意されており、初心者や家族連れの休憩や練習スペースとして有効活用できます。

雨上がりなどは路面が滑りやすくなるため、安全面に気を付けながら行うことが大切です。また、地面はアスファルトで太陽の照り返しがあるほか、周囲に木陰などが少ないため、夏の時期は暑さ対策をしておくとよいでしょう。

【 基本情報 】

住所:神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町

電話:なし

料金:2時間制で1,000円 ※15:00~16:00は500円

営業期間: なし

営業時間:9:00~16:00

アクセス:三ツ境駅 徒歩約5分

チェックイン / チェックアウト:2時間制のため、入場時間により異なる

公式サイトURL:なし

まとめ

神奈川県横浜市には、スケボー愛好家にとって魅力的なスケートパークが多くあります。それぞれにこだわりのセクションが設けられており、初心者から上級者まで楽しめるスポットです。

世代を問わず、スケーターの交流の場にもなっているスケートパーク。徐々にセクションのレベルを上げる、新たな技に挑戦してみるなど、さまざまな楽しみ方ができるでしょう。この機会にぜひ神奈川県横浜市にあるスケートパークをチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。