レールにチャレンジ!ジブ初心者から一歩抜け出そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レールは、スノボでジブアイテムを使って滑るプレイの中でも難しいといわれています。
ここでは、初心者向けにレールの種類や主なトリック、プレイをする際の注意点についてまとめました。レールを習得して、初心者ボーダーから一歩抜け出してみましょう!

レールは難易度がやや高い

出典:pixabay


スノーボードでいう「レール」とは、一般的に鉄パイプや木でできた手すりの上などをスノーボードで滑るプレイのことを指しますが、もともとは鉄パイプや手すりそのもののことをレールと呼びます。
レールは、ボックスなどと比べて見た目のとおり細く、ボードとの接地面がすごく狭いため、ジブの中でも特に難易度が高いとされています。

こんなにある!レールの種類

ジブアイテムを使ったプレイの中でも、レールはグラトリやボックスに慣れてきてから始めることをおすすめします。
レールにはさまざまな形があり、主な形は以下のとおりです。
・ストレートレール
まっすぐな形をしていて、レールの基本形
・ナローレール
幅が細めのレール
・キンクレール
途中で折れ曲がった形のレールで、名前は奇抜・へそ曲がりという意味の「キンク」が起源
・レインボウレール
アーチ状になっていて、横から見ると半円形で虹のような形
・ダブルダウンレール
2つの段差がついたレール
・ドンキレール
ドンキレールとも呼ばれるもので、端が上向きに曲がっている形
・S字レール
S型にカーブがついた形
また、レール以外にもパイプ型もありますが、幅がある分、こちらの方が滑りやすいといえそうです。このほかにもさまざまな形があり、スノボエリアに設置されているレールの形はスキー場によってまちまちです。
そのため、レールをマスターしたら自分が滑りたい形に応じてスキー場を選ぶこともおすすめします。初心者の場合、いきなり上記のようなレールで滑るとケガをする危険性があるため、まず3m程度の短いストレートレールから始めてみて下さい。

ジブ専用のボードを用意しよう

出典:pixabay


・はじめは短くて高さが低めのレールから
最も注意しなければならない点は、レールは他のアイテムと比べて材質が固いため、転んだときにぶつけると痛く、ケガをするリスクも高まってしまうということです。
まずは、なるべく短くて高さが低めのレールから始めてみて、徐々にレールの感覚をつかんで慣れていくようにしましょう。
・ジブ専用のスノーボードを購入する
そのほかで注意をした方が良いのは、スノーボードが傷つきやすいという点です。レールに限らずジブを行うと、スノーボードの中でもソールとエッジの部分にどうしても傷がついてしまいますし、エッジは傷つくだけでなく、削れて丸くなってしまいます。
そのため、ジブを行いたいという方は、ジブ専用のスノーボードを新たに購入することをおすすめします。すでにボードを何本か持っているという方は、その中でも傷がついても良いというスノーボードをジブ専用に方法も良いでしょう。
・不要なエッジを丸める
また、エッジがとがっているボードだと、レールに引っ掛かりやすくなってしまうため、不要なエッジに対して、できるだけダリング(エッジを丸めること)をした方がレールを行いやすくなります。
その代わりエッジを丸めると、キッカーなどは行いづらくなるという欠点が出てしまうため、その点でもジブ専用のスノーボードを用意した方が良いです。

基本のトリックは「50-50」

出典:pixabay


レールの主なトリックについて、紹介します。
・50-50(フィフティー・フィフティー)
アプローチからボードをまっすぐにした状態で始め、そのままレールの上を滑り抜けた後、最後もまっすぐ降りるというテクニックです。ジブトリックの基本ともいえる技で、レールの初心者が最初にチャレンジすることが多いトリックです。

・ノーズスライド
板を90度真横に回転させた状態で、前足だけに体重を乗せて、テールを浮かせたまま横向きで滑っていくトリックです。
左足が前となるレギュラースタンスの場合、体の左側にノーズをついて滑っていく技がバックサイドノーズスライドで、体の右側にノーズをついて滑っていく技がフロントサイドノーズスライドです。

・テールスライド
板を90度真横に回転させた状態にするポイントはノーズスライドと同様ですが、後足だけに体重を乗せて、ノーズを浮かせたまま横向きで滑っていくトリックです。
左足が前となるレギュラースタンスの場合、体の右側にテールをついて滑っていくスタイルがフロントサイドテールスライドで、体の左側にテールをついて滑っていくスタイルがバックサイドテールスライドです。

まとめ

出典:pixabay


この記事ではレールについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ボックスなどと比べると難易度は高いですが、それだけに滑り切ったときの満足度は格別です。
最初からいきなりレールの上を滑り切るのは難しいため、徐々に距離や高さを大きくしていくことで慣れていくようにして、新しいテクニックを身につけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加