スキーウェアをnimaで選ぶならこれ。大人のスノボウェアも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキーウェアはいろいろなブランドが製造しており、それぞれ特徴や得意技術は大きく異なります。中でもnimaは日本発で、日本人の体型に合ったウェア作りで人気です。キッズ、ジュニア、大人向けのウェアをまとめて紹介します。

nimaやスキーウェアに関する豆知識

まずはnimaとはどのようなブランドなのか、そしてスキーウェアの選び方をチェックしておきましょう。

nimaのコンセプトや特徴

スキーウェアは海外発のブランドが多いですが、今回紹介するnimaは日本発、それも魅力的なスキー場がたくさんある岐阜県発のブランドです。

「日本人の体型に合ったウェアを作りたい」というコンセプトのもとで作られたnimaは、流行を捉えながら、日本製ならではのクオリティにこだわって作られています。日本人の体型に合わせたウェアは、美しいシルエットで着こなせるのでうれしいです。

スキーウェアの種類・選び方

実際にnimaのウェアを見ていく前に、スキーウェアの種類とその選び方を紹介します。まずはスキーウェアの種類から。一言でスキーウェアといっても目的に応じて種類があり3種類に分かれています。

レーシングタイプ

レーシングタイプは競技前にすぐ脱げるように、パンツはサイドフルオープンになっています。

デモタイプ

デモタイプは一般的なスキーヤー向けに作られているものといえます。レジャーとしてスキーを楽しむ人が快適に着られるように、保温性はもちろん、シルエットがきれいに見えるように、デザインに凝ったものも多いです。
一般的なスキーヤーはデモタイプの中から価格とデザインを比較して選ぶと良いでしょう。

フリーライド・バックカントリータイプ

フリーライド・バックカントリータイプはいわゆるスノーボード用のウェアです。ジャンプや回転の際に体の動きに制限がでないように、かなりゆったりめに作られています。

次はスキーウェアの選び方ですが、基本的には日常に着ている洋服と同じようにサイズ選びが大切です。試着が出来る場合は、サイズが小さすぎて苦しくないか、大きすぎて動きにくくないかを確認しましょう。また、デザインや着心地がしっくりくるかといった好みも、スキーを存分に楽しむためには重要です。なおスキーウェアとして販売されている以上、保温性や軽さなど機能性はある程度備わっていますが、念のためチェックしておきましょう。

nimaの人気スキーウェアキッズ


では実際にnimaの人気のウェアを見ていきましょう。まずはキッズからです。サイズは90、100、110、120cmの展開があります。

JR-9055

nimaのロゴが前面にプリントされたボーイズ用のウェア。耐水圧10,000mmを誇り、雪の中でたくさん遊んでも濡れる心配がありません。カラーは3種類。

JR-9056

ボーイズもガールも共に着用できる可愛らしいデザイン。パンツはサスペンダーになっており、成長に合わせて足の長さを調節できます。

nimaの人気スキーウェアジュニア


続いては小学校高学年くらいのジュニアの人気ウェアを見ていきましょう。サイズは130、140、150、160cmがあります。

JR-9002

こちらは冬空、星をイメージしたポップなデザインのスキーウェアです。キッズ向け同様にサイズ調整機能があり、左腕部分にパスケースもついています。リフト券を入れておくこともできるので、1人で滑って、どんどん成長していく子どものかっこいい姿が見られるでしょう。

JR-9001

スタイリッシュでかっこいいデザインのボーイズウェア。胸元に小さくブランドロゴがプリントされています。カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色。

nimaの人気スノボウェアメンズ、レディース


最後に大人のウェアも紹介します。

カジュアルライク。メンズジャケット

シックなリーフ柄が格好いい中綿入りジャケットです。防水性、耐久撥水性、防風性も高く、機能性を追求したnimaの技術「アクアプロテック」機能を備えています。パスケースや袖口からの雪や風の浸入を防ぐハンドゲーターもついているので、ストレスなく快適に滑ることができます。

お手頃価格。レディースジャケット

こちらはカラフルな羽柄がふんわりと女性らしい印象を与えてくれるジャケットです。雪や風の侵入を防ぐために裾が広がない設計と、熱を逃さない暖かい裏地で暖かく体を守ってくれます。とてもお得な価格になっているので、レディースジャケットを探している人にはおすすめです。

まとめ

機能性に優れ、シルエットも日本人の体型に合ったものを作っているnimaのウェアを紹介しました。気になるウェアは見つかりましたか?ぜひおしゃれなウェアを準備して、ゲレンデでスキー、スノーボードを思いっきり楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加